自動経理システム

会計業界の要望から生まれた「自動経理システム」

 記帳代行業務は、経理資料の回収がボトルネックになり、遅延を招くケースがよく見られます。その問題を解決するためにネットバンキングの取引明細を「発展会計」に直接読込み、自動で仕訳入力する機能「発展会計BANK」を開発しました。  
 「発展会計BANK」リリース後、会計事務所からの自動仕訳に対する反響は非常に大きく、インターネットバンキングのみならず現金取引や預金通帳取引の自動仕訳化機能開発への強い要望が寄せられました。こうした要望に応えるべく、領収書やレシートをスキャナーで読み取り仕訳入力ができる「発展会計MONEY」、預金通帳のスキャナーで読み取り仕訳入力ができる「発展会計P-BANK」を開発しました。
 そして手書き出納帳を自動で会計データ化する「発展会計DIGITAL PEN」が加わり、「自動経理システムが」が完成しました。

ナレッジコンテンツ

 自動経理システムは、ただ単に会計事務所の作業負担を減らすというだけにとどまらず、さまざまなメリットを得ることができます。
 自動経理システムはクラウドシステムなので、あらゆるデータをサーバー上で管理するため、複数が同時進行で入力や確認の作業を進めることも可能です。さらに、入力業務が自動化となるため、担当者のレベルを問わなくなり、経験の浅い職員やパート・アルバイトでも入力業務を行うことができるようになります。
 その結果、入力担当者と監査担当者の作業を分担する「製販分離」が可能となり、監査担当者は記帳代行業務から解放され、顧問先企業に対して経営助言や財務MASサービスといった付加価値業務を提供できるようになります。

マクロ経済予測レポート

資料請求はこちら