業務効率化機能

入力業務の効率化

銀行明細読取り機能

銀行明細読取り機能

銀行明細から自動で読み取り入力を行うため、口座資料との照合作業を省略することができます。事務所業務の効率化に有効です。

定型仕訳自動作成

定型仕訳自動作成

入力頻度の高い仕訳をマスタ登録することによって、読み込んだ銀行明細から定型仕訳を自動作成し、「クラウド発展会計」に帳簿登録が可能です。入力業務を簡略化し、スピーディーな処理を可能にします。

レベル別に選択できる入力機能

入力機能

経理担当者のレベルに応じて選択できる多彩な入力機能を完備しています。仕訳に熟練した方に最適な「仕訳伝票入力」、仕訳の分かる方に最適な「単一仕訳入力」、仕訳が分からなくても、取引摘要選択で自動仕訳が可能な「出納帳入力」、家計簿感覚で入力が簡単に行える「日記帳入力」があります。

ドリルダウン機能

ドリルダウン機能

試算表の異常値はドリルダウン機能で遡って訂正ができます。 仕訳伝票まで遡ることができますので、確実な原因究明が可能です。

置換機能

置換機能

複数伝票で同じ修正をする際、置換機能を用いることによって一回の処理で該当伝票を修正することができます。

部門別費用の自動配賦処理機能

部門別費用の自動配賦処理機能

配賦処理は、面積や人数などの基準を設定し、配賦元の勘定科目と同じ科目でも、配賦費などの専用の科目にも振替えることが可能です。配賦元の部門を選択できるので、複数回の配賦や多段階の配賦処理も可能です。

自由なカスタマイズ機能

アクセス制限設定

アクセス制限設定

各担当者の利用用途により、他の不必要な操作をさせないようにするためのアクセス権限設定が可能です。適正な入力処理を行うための、入力ミス等を防止する仕組みづくりに役立ちます。

ロック機能

ロック機能

ロック機能は2段階に分けて設定が可能です。月末日付を選択すると、顧問先はロックされている日付まで修正・追加・削除が出来ない一次ロック。事務所担当者も修正が出来なくなる二次ロックが有ります。

仕訳辞書機能

仕訳辞書機能

「仕訳マスタ登録」を行うことにより、伝票入力時に定型的な仕訳を呼び出して使用することができ、効率的な入力を実現します。

複数年の過去データ閲覧

複数年の過去データ閲覧

発展会計は、他社の会計ソフトと異なり、データの保存形態が各年度ごとのデータ格納ではなく、1企業に対して複数年度の情報を持っています。そのため、いつでも過去のデータを参照することができます。

部門管理機能

部門管理機能

部門管理は、勘定科目単位で部門管理の有無を決定できます。また、企業の組織形態に合わせた部門の階層が作成可能であるため、顧問先企業の実態に合わせた運用が可能です。組織別・事業別などの複数パターンを設定しておくことが可能で、複数視点による分析が可能になります。

コード設定

コード設定

「科目マスタ登録」で、自由に科目コードの設定が可能です。現在使用している科目コードに合わせて変更できるため、他社システムからの移行も、スムーズに行えます。

自由なレイアウト設定

自由なレイアウト設定

帳票名、科目の並び順、タイトル行、集計科目などを編集することができ、表の追加も可能です。そのため幅広い業種に対応し、法改正による変更にも柔軟に対応が可能です。追加・変更した帳票は試算表をはじめとした前年対比などの各種管理帳票類での出力が可能です。

経理・監査担当者の役割分担

データストレージ

データストレージ

証憑書類をストレージサーバー経由で受け渡しを行うことにより、直接回収に行ったり郵送物を待つ時間を省くことができ、早期の資料回収を実現します。

分散入力機能

分散入力機能

分散入力機能を活用することにより、入力業務と監査業務の分担を可能にします。入力業務を人件費の安い地方で行い、監査業務は企業数が多い首都圏で行うことにより、事務所の収益性が向上します。

同一画面閲覧によるネット監査

同一画面閲覧によるネット監査

「クラウド発展会計」では、会計事務所と関与先が事務所にいながら、同時に同じ画面を開き入力データを確認することができ、電話等で適切な指導が行えます。また、直接関与先のデータ入力を行うことも可能です。入力者のIDを識別するので、誰が入力したかも判断できます。

入力ログ情報の管理

入力ログ情報の管理

「クラウド発展会計」ではログ情報が必ず残るため、誰がどのような業務を行ったかが確認できます。そのため、スキルを持ったスタッフが時間に制約ができ休職した場合などに、在宅で業務を行ってもらうことが可能となり、人材不足を解消することができます。

資料請求はこちら