制度会計機能

新機能で会計事務所の課題を一気に解決

銀行明細読取機能

銀行明細読取り機能

銀行明細読取り機能

「クラウド発展会計」の新機能、「銀行明細読取り機能」を活用することにより、インターネットバンキングと連動し、関与先の最新銀行取引明細をオンラインで入手可能です。

全国の金融機関(法人口座)に対応

当期業績レポート

日本全国のメガバンクをはじめとする、地銀、ネット銀行、JA等、個人口座を中心とした金融機関で、取引明細の自動読取りが可能です。対応銀行は、電子証明方式に対応した法人口座を中心に随時増加していきます。

複数の口座を一括管理

銀行明細読取り機能

複数口座を利用している場合、毎月すべての銀行に記帳をしに行かなければなりませんが、銀行明細読取り機能を活用することにより、一括して管理することが可能です。

取引明細をオンラインで自動更新

銀行明細読取り機能

「MoneyTree」にログインし、「銀行明細更新」ボタンを押すだけで、登録したすべての銀行口座での取引明細が最新のものになります。

通帳コピーやFAX送付を待たずに処理

記帳代行の場合、関与先から通帳をFAXやコピーしてもらわないと記帳業務が進まず、待ち時間が発生していましたが、「銀行明細読取り機能」を活用することにより、会計事務所は自分たちのスケジュールで入力業務を行うことが可能です。

通帳コピーやFAX送付を待たずに処理

自動仕分機能

自動仕訳機能

自動仕訳機能

「銀行明細読取り機能」で読込んだデータを、事前登録を行うことによって、「クララウド発展会計」に自動仕訳されます。入力後の明細修正のみで、銀行取引の入力作業が完了し、入力業務の大幅な時間短縮を実現できます。

MoneyTreeと「発展会計」の連携

ML明細変換マスタ登録

「MoneyTree」と「クラウド発展会計」を連携することにより、「MoneyTree」で管理する銀行口座のデータを、取込ボタン一つで「クラウド発展会計」に読込むことが可能です。また、明細は、前回読み込んだデータの差分のみを読み込むので、仕訳が重複することもありません。

ML明細変換マスタ登録

MoneyLookと「発展会計」の連携

銀行明細は、各口座、及び入金・出金別に分けて設定することができます。銀行明細の摘要は、部分一致や完全一致などで読取りの精度を変えて登録することもできます。どの条件でも合致しない場合は、一旦諸口にて取り込むので、取込漏れもありません。

他機能との併用で事務所効率化

他機能との併用で効率化

文書や証憑類をデータで保管するデータストレージや、発展会計の制限機能を活用し経費入力を自社処理で行う等、他の機能やシステムを併用することにより、さらに記帳代行業務の効率化は進みます。

関与先には経理合理化提案の切り札として提案

銀行明細の自動仕訳

「発展会計BANK」 を活用することにより、入力業務を大幅に軽減でき、経理合理化を実現します。入力業務の早期完了は、タイムリーな経営資料の作成を実現します。

通帳コピーやFAX送付を待たずに処理

ネット監査で入力・仕訳チェック

銀行明細読取り機能

「クラウド発展会計」は事務所にいながら関与先と同時に画面チェックが可能なので、自社処理企業の入力データをネット監査でチェックできます。的確な入力処理の早期完了が可能です。

「経理合理化」セミナー開催

当期業績レポート

「経理合理化」をテーマにしたセミナーを開催することにより、経理合理化を目指す自社処理企業が集まります。自社処理企業に向けて、銀行明細自動読取り・仕訳機能を装備した「クラウド発展会計」をアピールすることにより、自社処理企業の関与を増やすことができます。

万全なセキュリティ体制

複数のファイアウォール

複数のファイアウォール

「MoneyTree for BIZUP発展会計」のデータベースが格納されているサーバーは複数のファイアウォールで守られています。また、お客様の情報を格納するデータベースシステムはセキュリティの高いデータセンターに置かれ管理されています。

ハイブリット型個人情報管理

当期業績レポート

ハイブリット型とはPCに銀行用のID・Passwordを保管するため、サーバにはログイン用の銀行情報が記録されません。万が一の際も個人を特定できない仕組みなので、個人情報の流出等の危険はありません。関与先に銀行口座登録を「MoneyTree」上で行ってもらい、セキュリティキー情報を教えてもらうだけなので、会計事務所で関与先のID・Password情報を管理する必要がありません。

データの暗号化

銀行明細読取り機能

「MoneyTree」はEV SSL証明書を導入しており、対応したブラウザにて「MoneyTree」にアクセスすると、ブラウザのアドレスバーが緑色となり運用者情報「EADVISOR Co., Ltd.(JP)」と表示されます。これは運営者が証明書発行会社に実在を証明されている証拠です。フィッシングサイトや成り済ましサイトでは無いという事を証明しています。また、利用者PCとマネールックサーバー間はSSL通信によって暗号化され通信の安全性が保たれております。

電子証明書方式ログイン対応

当期業績レポート

電子証明書とはインターネットバンキングにログインした人を特定するための身分証明書のようなものです。法人口座のインターネットバンキングのログイン認証方法としては、この電子証明書を利用した方式が一般的です。ID・Password方式は推奨されていません。「MoneyTree」はこの電子証明書方式に対応した金融機関口座を増やしていきます。

情報を暗号化

情報を暗号化

金融機関等へのログイン情報は、 「ログイン情報管理マネージャー」でID、Password等の情報を暗号化し安全に管理します。ログイン情報はPCに保管されるので、サーバにはログイン情報が記録されません。万一の際も個人を特定できない仕組みです。

「EV  SSL証明書」の導入

「EV  SSL証明書」の導入

「MoneyTree for BIZUP発展会計」はEV SSL証明書を導入しており、対応したブラウザにてサイトにアクセスすると、ブラウザのアドレスバーが緑色となり運用者情報「EADVISOR Co.,Ltd.(JP)」と表示されます。これは運営者が証明書発行会社に実在を証明されている証拠です。フィッシングサイトや成り済ましサイトでは無いという事を証明しています。また、利用者PCとマネールックサーバー間はSSL通信によって暗号化され通信の安全性が保たれています。

別データベースで情報管理

別データベースで情報管理

資産情報と利用者情報はそれぞれ別のデータベースに分けて管理します。データベースを分けることにより、資産と利用者が結びつかない状態になるので、万が一不正侵入を受けたとしても、個人情報と資産情報が特定されない仕組みになっています。

利用環境

対応O S WindowsVista(SP1・SP2)Home Basic、Home Premium、Business、Ultimate
Windows 7 Home Premium、Professional、Ultimate
Windows 8、Windows 8.1(※)
(※)Windows 8 はクラシックスタイルのみとなります。Metro スタイルでは動作しません。
Windows 8 プレビュー版には正式対応しておりません。
Windows Vista 64bit 版につきましては、サポート対象外となります。
ブラウザ Internet Explorer 8 以上
Firefox3.6 以上
OSについて
の注意
Windows 7(64bit 版)、Windows 8(64bit 版) に関しては、32bit 互換モード (Wow64)上で動作します。
64bit ネイティブ対応はしておりませんのでご注意下さい。
Internet Explorer
の設定
プライバシーの設定が「中- 高」より高い場合、正常に情報取得できない場合がございます。
セキュリティのレベルの設定が「中- 高」より高い場合、正常に情報取得できない場合がございます。
Internet Explorer(64bit)では動作いたしませんのでご注意下さい。

お預かりさせていただくID・パスワード及び電子証明書
対 象 法人のお客様向けインターネットバンキングをご利用中のユーザー (例:三井住友銀行:Valuedoor、など)
お預かりする
内 容
MoneyTree のログインID・パスワード・セキュリティキー(※1)
ご利用中のインターネットバンキング法人口座の電子証明の追加発行(※2)
※1 金融機関のID・パスワードは一度お客様ご自身でご登録頂くと●●●伏字表記と暗号化保存されます。会計事務所では把握いたしません。
※2 電子証明の追加発行は、利用中のインターネットバンキング内で手続きを行うことができます。
お預かりする
内容で確認させて
いただく事項
ご利用中のインターネットバンキング法人口座の入出金明細
通帳の閲覧機能のみで、入出金操作の機能はありません。
※総合振込などの決済処理には対応しません。

資料請求はこちら