クラウド発展会計

「クラウド発展会計」は、企業経営に精通した会計事務所と共同開発した会計システムです。決算・税務申告書類の作成はもちろんのこと、そのノウハウにもとづき企業の経営管理に必要な機能を多数装備した、企業経営に特化したクラウド会計システムです。

クラウド発展会計6つの特徴

経理業務効率化システム
入力・決算業務の早期処理を実現!経理業務効率化システム

入力業務の効率化をサポートする「多彩な入力機能」

 

経理知識レベルに応じて選択可能な
入力機能

定型仕訳の入力を省力化する
「仕訳辞書機能」

 
 

経理担当者のレベルに応じて選択できる多彩な入力機能を完備。仕訳に熟練した方には「仕訳伝票入力」、仕訳の分かる方には「単一仕訳入力」、仕訳が分からなくても取引摘要選択で自動仕訳が可能な「出納帳入力」、家計簿感覚で入力が簡単に行える「日記帳入力」があります。

「仕訳マスタ登録」を行うことにより、伝票入力時に定型的な仕訳を呼び出して使用することができ、効率的な入力を実現します。

 
 

定型的な仕訳登録で入力を効率化
「仕訳マスタ登録」

既存仕訳をコピーし入力時間を短縮
「一括コピー機能」

 
 

定型的な仕訳をあらかじめマスタとして登録しておくことで、伝票入力時に呼び出して使用することができます。入力画面で入力した仕訳を「F6」ボタンを押すこと仕訳マスタ登録できます。シフトキーを押しながら複数選択も可能です。

毎月の定形の仕訳は、前月のデータをコピーし貼付け入力を行うことができます。シフトキーを押しながら複数選択も可能です。コピーデータは入力日が古い日付のままなので修正が必要です。

     

現金・預金取引仕訳入力効率化機能

 

ネットバンキング取引自動読取&仕訳機能 「発展会計BANK」

 

発展会計BANK

 

FinTech※によって、ネットバンキングの取引明細を自動で読取り、事前に登録した明細変換ルールに基づいて、「クラウド発展会計」上に自動仕訳入力が行える機能です。複数銀行口座の一括管理、経理業務の効率化を実現します。


※FinTech とは、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語で、IT を活用した金融サービスを意味します。
 
 

預金通帳取引の自動読取り・仕訳機能
「発展会計P-BANK」

記帳処理にかかる時間を短縮する
「発展会計MONEY」

  発展会計P-BANK 発展会計Money
 

預金通帳をスキャナー等でデータ化したものをOCR機能で解析し、「クラウド発展会計」上に預金通帳の明細情報が取り込まれる機能です。

領収書・レシートをスキャナー等でデータ化したものをOCR機能で解析し、事前に登録した明細変換ルールに基づいて、「クラウド発展会計」上に仕訳入力が行える機能です。

     

分散入力・部門別管理機

 

同時入力・同時画面チェックが可能

担当者に合わせてメニュー画面の設定が可能

 
 

会計事務所の監査担当者が事務所にいながら、経理担当者と同時に同じ画面を開き入力データを確認することができるので、電話等で指導を受けることができます。また、会計事務所が直接データ入力を行うことも可能です。入力者のIDを識別するので、誰が入力したかも判断できます。

担当者に合わせて、操作できる画面の閲覧権限設定が行えます。出納帳だけを入力する経理担当者や、帳票のみを閲覧する支社長など、必要なメニューだけを閲覧できるようにすることができます。

 
 

複数の管理形態を登録可能な
部門管理機能

部門別・支社別に入力・帳票出力の
管理が可能

 
 

部門管理は、勘定科目単位で部門管理の有無を決定できます。また、組織形態に合わせた部門の階層が作成可能であるため、自社の実態に合わせた運用が可能です。部門別・支社別などの複数パターンを設定しておくことが可能で、複数視点による分析が可能になります。

経営者、経理責任者、経理担当者などのように、操作できる部門の範囲を制御することが可能です。この設定により、権限を持たない部門に誤って入力してしまったり、閲覧されたりすることもありません。

     

支払管理・承認機能

 

FBデータ自動作成・消し込み
仕訳自動化

多層階の承認もスムーズに行える
伝票承認機能

 
 

毎月の支払業務と仕訳入力を手間なくスムーズに自動振込処理できます。仕入が多く発生するアパレルや小売業、医療機関などの支払管理業務の省力化に高い効果を発揮します。

多段階の承認フローや各種条件に応じた最適な承認業務を支援します。承認状況のステータスについては画面上で確認ができます。

     

決算業務効率化機能

 

決算書自動作成機能

配賦処理機能

 
 

予め「決算書マスタ登録」と「決算書印刷マスタ」の設定を行っておくことにより、会計年度を指定するだけで各種決算書の印刷が可能です。

「配賦マスタ登録」、「配賦基準マスタ登録」で設定された基準によって、費用配賦を自動で行います。

 
 

附属明細書自動作成機能

決算完了前に翌期の入力が可能

 
 

出力項目等の「附属明細書マスタ登録」を行っておくことにより、附属明細書の自動作成が可能です。

従来型の会計システムは、決算が完了するまで翌期の入力を開始できませんが、「クラウド発展会計」は、期をまたいだ入力が可能なため、入力開始までの時間のロスが無く、翌期当日から入力業務が行えます。

     

決算事前検討・納税予測システム

 

自動作成が可能な
「決算事前検討・納税予測報告書」

未経過月の損益予測を行う 「決算予測」

 
 

会計データと連動して未経過月損益予測を行い、決算予測が自動で行えます。決算事前検討を行うことにより決算対策が必要か否かが分かります。

   
 

納税額を事前に試算できる 「納税予測」

 
 

会計データと連動して「決算事前検討・納税予測報告書」を作成できます。年間損益予測や税額試算が算出されるだけではなく、適正な決算業務であるか確認できるチェックリストを装備しています。

未経過月損益予測を踏まえ、会計データから簡単操作で税額を試算できます。納税予測を事前に行うことにより、納税資金の資金繰りに役立ちます。

     

お問合せ

財務管理効率化システム
月次データの早期作成と経営診断・計画策定を実現!

月次会計レポート

 

経営実態を的確に把握できる「月次レポート」

 
 

入力した会計データから自動作成でき、自社の経営実態をグラフ等のビジュアルとレポートで分かりやすく解説した資料です。タイムリーな業績把握が可能です。

     

経営実態を早期把握「経営管理システム」

 

前年同月対比と月次推移を統合
「総合推移表」

予算達成度が確認できる
「予算実績対比表」

 
 

前年同月対比表と月次推移表を組み合わせた総合推移表を作成できます。

業績検討会には、予算に対する実績管理が重要です。予算の達成度を確認できる「予算実績対比表」を、会計データから作成することができます。

 
 

的確なコスト管理ができる
「経費推移表」

資金繰り状況を一目で把握できる
「資金繰り実績表」

 
 

利益創出のカギはコスト管理にあります。コストを3期比較することによって、どの科目が増加しているのかが明確になります。

経営を進める上で重要な資金繰りの現状把握が素早く行え、将来の資金不足を回避できます。

     

決算診断システム

 

経営課題と銀行格付けを把握できる
「決算診断システム」

伝票の承認状況把握と多階層承認を
スムーズに行える 「承認機能」

 
 

会計データと連動し、「決算診断」を行うことができます。決算診断を行うことによって自社の経営課題が明白となり、次年度の計画を策定する際に役立ちます。

     

AI経営診断システム

 

戦略上の課題を的確に診断できる
「AI経営診断」

伝票の承認状況把握と多階層承認を
スムーズに行える「承認機能」

 

 

「AI 経営診断」は、クラウド上で48 項目のアンケート形式の設問に回答するだけで、瞬時に自社の戦略・組織上の課題を点数化します。

     

経営診断改善ナビ

 

決算診断で抽出した課題を解決する
「決算診断改善ナビ」

経営力向上のための資料として有益

 

 

決算診断後の課題解決資料としてだけでなく、経営者・経営幹部・経理担当者の経営力向上のための資料としても活用できます。

   
 

印刷して社内研修用の資料として活用が可能

 

 

経営課題を解決するための解決策をまとめたWeb コンテンツです。資金繰り対策から人事・労務、事業承継まで、豊富なコンテンツとなっています。PDF ファイルでのダウンロードが可能です。

PDFデータでのダウンロードが可能なので、印刷して社内研修等の資料としても活用ができます。

     

年度経営計画システム

 

数値目標と非数値目標による 「年度経営計画」

 

 

簡単操作で年度計画から損益計画、貸借対照表計画やキャッシュフロー計画、資金繰り計画まで策定することができます。
また、顧客サービスや業務改善、人材育成といった非数値目標をたてることによりバランスの取れた統合型経営計画が策定できます。

高業績企業実現には、経営理念や経営方針の浸透が不可欠です。財務目標を達成するための具体的方針も取り入れたバランスのとれた計画(統合型経営計画)を策定することができます。

     

お問合せ

販売管理効率化機能
見積・納品・請求書を簡単作成・管理・郵送

各種書類作成・発送機能

 

登録が簡単な各種設定

請求書の定型パターン作成

 
 

「自社設定」から、自社の情報を設定でき、ロゴマークの登録も行えます。「書類設定」からは支払期限、備考欄の文面、銀行振込を用いる際に必要な銀行口座等を登録できます。

定型パターンの設定をすることで、よく使う設定、項目、銀行振込先等をパターンとして書類別に保存でき、繰り返しが多い書類作成の時間を短縮することができます。

 
 

各種書類の作成・管理

請求書送付を一括管理

 
 

かんたん操作で各種書類の作成が行なえます。書類の一覧ページから、統合したい書類を選択し、「統合して請求書に変換」をクリックすると、複数の書類を一枚の請求書に統合することが可能です。

書類の一覧ページから郵送する書類を選択後、右側のメニューより「送付する…」を選択すると「送付前確認」リストに追加されます。「書類を送付」もしくはページ下の「一括送付」をクリックすると郵送依頼が完了します。

     

各種販売管理機能

 

入金の紐付け・消込が行える
入金管理

請求書作成等の権限設定

 
 

入金情報(入金日、入金額、振込名義)を取込み後、通帳記帳内容と書類の紐付け・入金消込ができます。

招待されたメンバーに対して、アカウントの所有者・管理者は、発注書(取引先宛)、見積書、注文請書、作業報告書、納品書、検収書、領収書の作成・編集・削除等の権限を設定できます。

 
 

顧客ごと、案件ごとに行える
作業時間管理

誤送信を未然に防止する
承認機能

 
 

作業記録を元に作成する作業報告書の期間、取引先、メンバー、表示順、時給を選択し、作業報告書を作成します。作業報告書を請求書に変換することも可能です。

書類を送付やダウンロードする前に 、他のメンバーや上長の方からの承認をしてもらうための機能です。誤送付の防止や承認プロセスの自動化に役立ちます。書類の一括承認も可能です。

     

お問合せ

給与計算効率化システム
給与計算の効率化・コストカットを実現

クラウド発展給与の各種設定画面

 

基本情報・従業員情報の登録

専用画面で専門家が企業を
一括管理

 
 

登録項目をシンプルに構成しているため、個人属性の簡略入力ですぐに利用可能です。従業員のマイナンバーの登録も可能です(通常は非表示により保護)。

会計事務所等の専門家専用画面で顧問先企業の管理が行え、日本標準産業分類に基づく業種マスタを登録する事により、同業他社比較が可能です。

 
 

自動更新によるデータ管理

簡単な導入ステップ

 
 

保険料率や所得税率は、自動で更新されるためキャッチアップ不要です。

ナビゲーションに従って順番に設定するだけなので、初めての方でも迷わず簡単に初期設定が完了します。

     

クラウド発展給与の各種入力画面

 

給与・賞与計算

年末調整

 
 

給与の明細入力は、従業員ごとに細かく設定できる「個人別」と、全対象従業員の明細項目を一括して入力できる「一覧表」形式からおこなえます。給与明細を手間なく作成できます。

扶養者情報や支払保険料等の申告データを入力するだけで、控除額や過不足税額を自動的に計算します。
はじめて年末調整業務を行う方でも、かんたんに作業を進められます。

 
 

賃金台帳

給与データCSV出力

 
 

賃金台帳を手間なく作成でき、そのままPDF で出力可能です。勤怠情報や控除の記載項目は、労働基準法で定められた様式に準拠しています。

給与・賞与の支給情報をCSV ファイルに出力できます。出力したCSV データをExcel 等で集計して頂くことで、月別の従業員給与一覧や、年間の月別支給額集計表等を作成できます。

     

お問合せ

勤怠管理効率化システム
勤怠管理の効率化とリスク管理を実現

勤怠管理システムで得られるメリット

 

勤怠管理・明細発行

マルチデバイス対応

 
 

これまではタイムカードで打刻し、勤怠管理は紙ベースでしたが、タブレット端末で入力、クラウドで勤怠管理が行えます。打刻はICカード・QRコードにも対応しています。

勤怠管理システムはマルチデバイスに対応しています。クラウドですのでどこから・いつでも勤怠の管理が可能です。

     
人事管理効率化システム
新卒・中途採用に役立つ適性検査-CUBIC-

適性検査の特徴

 

社員個人特性・採用個人特性

 

個人の資質や特性を『性格』『意欲』『社会性』『価値観』の側面から評価し、新卒・中途採用の適性検査として活用できます。

個人特性分析は、下記の4つの領域から構成されます。

 
 
 

人にはいろいろな個性があり、能力、性格にも特徴があります。そして各人がその特性に応じて、自分に適した分野の仕事を受け持つことが、本人にとっても組織にとっても望ましいことです。
しかし、人の性格や能力を知ることは難しく、ましてや採用場面の僅かな時間の面接では十分に理解することはできないとされています。
その点、個人特性分析は20、30分程度の検査時間で、個人の資質を多面的に把握し、採用判定等の際に客観的資料として役立ちます。

     
 
 

組織診断

 

企業の安定的成長、将来をにらんだ組織構築のためには、時代の変化に対応した多くの対策が必要となって います。そこで、社員一人ひとりが自らの仕事を成し遂げながら、各人の生活が豊かになる為には、まず企業 自体が「健康」かつ「活力」あるものでなければならない、という主旨で組織診断を行っております。 給与体系や福利厚生の設備は完備されているか、社員相互の意思疎通は円滑に流れ、仕事をすることが楽し く行われているか、自分の友人知人たちにも一緒に仕事をやっていこうと誘い、推薦できるような会社である か、さらには管理職クラスの忠誠心と職務行動とのリンケージ、および若者クラスの能力主義に答えられるよ うな健全組織であるか、上司・同僚・部下における組織内の人間関係はどうかなどを社員の潜在意識を通し、従 業員が働きつつ、どのようなことを感じ考えているのかなど、組織の現状と問題点が客観的データとして分析 されます。

 
 
■組織活力
■環境適合
 

組織の問題点を様々な角度から因果関係により分析します。「組織で働く人々がどういうことを感じ考えているか」という潜在意識を通して、組織の現状と問題点を含む組織の活力度合を判定します。風土厚生面・人間関係面・会社評価・職務遂行面・組織構造面のどの部分に「満足点・不満足点」があるのかの詳細を計ることができます。

職場での対人関係に関連した項目から、組織内部におけるエネルギーの方向性が「課題達成・目標遂行重視」「対人関係重視」のどちらにあるかがわかります。タイプ別に好き嫌いを問うだけでなく、上司・同僚・部下の関係を組織的に把握することができます。
また、組織で働く人々が求めていない行動が具体的に列挙されるため、責任者へフィードバックする事でリーダーシップ育成にも活用できます。

 
 
■レポート
 

従業員満足度調査及び人間環境調査の結果を報告書として提出いたします。“現状を知る”事から環境改善にお役立て頂けます。
※レポートタイプは、個別対応のみです。システム導入の場合は、結果帳票でのみとなります。

     

お問合せ