クラウド発展会計

「クラウド発展会計」は、企業経営に精通した会計事務所と共同開発した会計システムです。決算・税務申告書類の作成はもちろんのこと、そのノウハウにもとづき企業の経営管理に必要な機能を多数装備した、企業経営に特化したクラウド会計システムです。

クラウド発展会計8つの特徴

初期費用・システム更新料は一切無し、月額利用料のみ
企業経営に精通した全国の会計事務所との共同開発
企業会計のために最適化されたクラウドシステム
経験の浅い担当者でも正確・迅速に処理可能な入力機能
複数拠点・部署で入力されたデータを一括管理可能
自社の経営管理をサポートする資料を自動作成
適切な決算対策と決算書作成が可能
経営診断・経営計画策定システムを標準装備

 

クラウド発展会計の便利な機能

お問合せ

 

経理知識レベルに応じて選択可能な入力機能

定型仕訳の入力を省力化する「仕訳辞書機能」

 
 

経理担当者のレベルに応じて選択できる多彩な入力機能を完備。仕訳に熟練した方には「仕訳伝票入力」、仕訳の分かる方には「単一仕訳入力」、仕訳が分からなくても取引摘要選択で自動仕訳が可能な「出納帳入力」、家計簿感覚で入力が簡単に行える「日記帳入力」があります。

「仕訳マスタ登録」を行うことにより、伝票入力時に定型的な仕訳を呼び出して使用することができ、効率的な入力を実現します。

 
 

定型的な仕訳登録で入力を効率化「仕訳マスタ登録」

既存仕訳をコピーし入力時間を短縮「一括コピー機能」

 
 

定型的な仕訳をあらかじめマスタとして登録しておくことで、伝票入力時に呼び出して使用することができます。入力画面で入力した仕訳を「F6」ボタンを押すこと仕訳マスタ登録できます。シフトキーを押しながら複数選択も可能です。

毎月の定形の仕訳は、前月のデータをコピーし貼付け入力を行うことができます。シフトキーを押しながら複数選択も可能です。コピーデータは入力日が古い日付のままなので修正が必要です。

     
 

ネットバンク取引明細読取り・仕訳入力「発展会計BANK」

領収書取引明細自動変換・仕訳入力機能「発展会計MONEY」

 

複数のインターネットバンキング口座を登録でき、一括で最新の取引明細を入手可能です。

 

領収書・レシートをスキャナー等で画像化したものをOCR機能で解析し、事前に登録した明細変換ルールに基づき、「クラウド発展会計」に仕訳入力が行える機能です。

   
 

預金通帳取引の自動読取り・仕訳機能「発展会計P-BANK」

 
 

「発展会計BANK」はネットバンキングの取引明細を自動で読取り、「クラウド発展会計」に仕訳入力が行えます。入力処理を激的に効率化するとともに、経理経験の無い担当者でも入力処理が可能です。

預金通帳をスキャナー等でデータ化したものをOCR機能で解析し、「クラウド発展会計」上に預金通帳の明細情報が取り込まれる機能です。

 
 

同時入力・同時画面チェックが可能

既存仕訳をコピーし入力時間を短縮「一括コピー機能」

 
 

会計事務所の監査担当者が事務所にいながら、経理担当者と同時に同じ画面を開き入力データを確認することができるので、電話等で指導を受けることができます。また、会計事務所が直接データ入力を行うことも可能です。入力者のIDを識別するので、誰が入力したかも判断できます。

毎月の定形の仕訳は、前月のデータをコピーし貼付け入力を行うことができます。シフトキーを押しながら複数選択も可能です。コピーデータは入力日が古い日付のままなので修正が必要です。

 
 

業種に合わせて帳票類のレイアウト設定が可能

試算表の異常値を原因究明できるドリルダウン機能

 
 

帳票名、科目の並び順、タイトル行、集計科目などを自由に編集することができ、表の追加も可能です。そのため幅広い業種に対応し、法改正による変更にも柔軟に対応が可能です。追加・変更した帳票は試算表をはじめとした前年対比などの各種管理帳票類の出力が可能です。

試算表の異常値はドリルダウン機能で遡って確認・訂正ができます。仕訳伝票まで遡ることができますので、確実な原因究明が可能となります。

 
 

手間なく自動振込処理が行える「支払管理機能」

伝票の承認状況把握と多階層承認をスムーズに行える「承認機能」

 
 

仕入が多く発生するアパレルや小売業、医療機関などの支払管理業務の省力化に高い効果を発揮します。

多段階の承認フローや各種条件に応じた最適な承認業務をご支援します。承認状況のステータスについては画面上で確認ができます。

     

お問合せ

 

複数の管理形態を登録可能な部門管理機能

複数での同時会計処理が可能

 
 

部門管理は、勘定科目単位で部門管理の有無を決定できます。また、組織形態に合わせた部門の階層が作成可能であるため、自社の実態に合わせた運用が可能です。部門別・支社別などの複数パターンを設定しておくことが可能で、複数視点による分析が可能になります。

同一事業所内、及び複数事業所内で会計処理を行うPCを選択することができます。会計処理担当者が複数いる場合は、担当者を複数登録することによって、同時に入力作業(自宅でも可)も可能となります。

 
 

定型的な仕訳登録で入力を効率化「仕訳マスタ登録」

既存仕訳をコピーし入力時間を短縮「一括コピー機能」

 
 

担当者に合わせて、操作できる画面の閲覧権限設定が行えます。出納帳だけを入力する経理担当者や、帳票のみを閲覧する支社長など、必要なメニューだけを閲覧できるようにすることができます。

経営者、経理責任者、経理担当者などのように、操作できる部門の範囲を制御することが可能です。この設定により、権限を持たない部門に誤って入力してしまったり、閲覧されたりすることもありません。

 
 

複数部門の費用按分を配賦機能で自動化

複数登録が可能な予算登録システム

 
 

複数登録が可能な予算登録システムよって自動で集計することが可能です。

予算登録が複数行え、登録した予算データは、入力データと連動し予実管理が行えます。

 
 

固定資産登録から台帳出力まで一元管理「固定資産管理機能」

期中での予算登録・補正予算登録が可能

 
 

「固定資産管理機能」に固定資産を登録することにより、固定資産台帳を会計システムで管理することができます。

期中での補正予算が組まれる場合、補正予算登録機能で登録が可能です。

     
 

会計データから自動作成可能な「月次レポート」

 
 

経理担当者のレベルに応じて選択できる多彩な入力機能を完備。仕訳に熟練した方には「仕訳伝票入力」、仕訳の分かる方には「単一仕訳入力」、仕訳が分からなくても取引摘要選択で自動仕訳が可能な「出納帳入力」、家計簿感覚で入力が簡単に行える「日記帳入力」があります。

「仕訳マスタ登録」を行うことにより、伝票入力時に定型的な仕訳を呼び出して使用することができ、効率的な入力を実現します。

 
 

前年同月対比と月次推移を統合「総合推移表」

予算達成度が確認できる「予算実績対比表」

 
 

前年同月対比表と月次推移表を組み合わせた総合推移表を作成できます。

「予算実績対比表」から、月次予算に対して各々の結果がどうであったかの「ズレ」を確認することができます。計画との「ズレ」を早期に発見できれば、対策を講じることが可能になります。

 
 

的確なコスト管理ができる「経費推移表」

資金繰り状況をひと目で把握できる「資金繰り実績表」

 
 

利益創出のカギはコスト管理にあります。コストを3期比較することによって、どの科目が増加しているのかが明確になります。

経営を進める上で重要な資金繰りの現状把握が素早く行え、将来の資金不足を回避できます。

     

お問合せ

 

自動作成が可能な「決算事前検討・納税予測報告書」

未経過月の損益予測を行う「決算予測」

 
 

会計データと連動して未経過月損益予測を行い、決算予測が自動で行えます。決算事前検討を行うことにより決算対策が必要か否かが分かります。

   
 

納税額を事前に試算できる「納税予測」

 
 

会計データと連動して「決算事前検討・納税予測報告書」を作成できます。年間損益予測や税額試算が算出されるだけではなく、適正な決算業務であるか確認できるチェックリストを装備しています。

未経過月損益予測を踏まえ、会計データから簡単操作で税額を試算できます。納税予測を事前に行うことにより、納税資金の資金繰りに役立ちます。

 
 

減価償却費の仕訳を自動作成

会計システムから附属明細書を自動作成

 
 

対象年度の減価償却費の仕訳を自動作成します。また、自動作成した減価償却費の仕訳を削除もできます。

会計データと事前の設定条件から附属明細書を自動作成しますので、経理担当者の決算業務にかかる時間を削減します。

 
 

決算完了を待たずに翌期データ入力が可能

内部取引の相殺消去を決算書で自動集計

 
 

従来型の会計システムは、決算が完了するまで翌期の入力を開始できませんが、「クラウド発展会計」は、期をまたいだ入力が可能なため、入力開始までの時間のロスが無く、翌期当日から入力業務が行えます。

決算時に内部取引が必要な場合は、相殺消去が必要な科目を登録しておくことによって、決算時に自動で相殺消去が可能です。

     
 

会計データから自動作成が可能な「AI決算診断」

自社の取組むべき経営テーマが明確になる「AI経営診断」

 

「銀行格付診断」を行うことで、金融機関がどのように評価しているかが分かります。また、改善すべき点も明確になります。

 

会計データと連動し、「決算診断」を行うことができます。決算診断を行うことによって自社の経営課題が明白となり、次年度の計画を策定する際の資料として役立ちます。

8テーマの診断項目のアンケートに答えるだけで、回答結果を自動で集計し経営診断結果をPDFで表示します。どの経営テーマに注力すべきかが明確になります。

 
 

短期達成目標が示せる「年度経営計画」

目標達成度を確認できる「予算達成度分析レポート」

 
 

簡単操作で年度計画から損益計画、貸借対照表計画やキャッシュフロー計画、資金繰り計画まで策定することができます。また、顧客サービスや業務改善、人材育成といった非数値目標をたてることによりバランスの取れた統合型経営計画が策定できます。

「クラウド発展会計」では、予算登録を事前に行うことで、予算値と実績値との比較を行う「予算達成度分析レポート」の作成ができます。実績は会計システム連動なので、予算・目標管理の信憑性が高まります。

     

お問合せ