内訳概況書の達人

多彩な編集機能

「勘定科目内訳明細書」では、項目の単位で並び替え、項目の単位で合計金額を表示する小計設定、設定金額以下の明細をまとめて表示する集計設定など、多彩な編集機能を利用して思い通りの明細書を作成することが可能です。
また、一度入力した明細行は翌年度以降保持されるので、差分入力だけの簡単な操作で明細書が作成できます。

必要な帳票を幅広くカバー

税務署で用意されている16種類の「勘定科目内訳明細書」と「法人事業概況説明書」および「会社事業概況書」を作成することができます。
「勘定科目内訳明細書」は複数ページの作成も可能で、税務署配布様式のほか5枚のフリーフォーマットを用意しています。

CSVファイルの取り込み機能で入力作業を効率化

規定の形式で作成したCSV形式のデータを取り込み、「勘定科目内訳明細書」の作成に活用できます。
明細書ごとに取り込みが可能なため、顧問先の作成したデータを有効活用できます。

資料請求はこちら