法人税の達人

各種法人のさまざまな申告形態に対応

普通法人・公益法人・協同組合・特定の医療法人の申告に対応。青色、白色の確定申告はもちろん、中間申告・修正申告・予定申告に対応。また、分割法人の事業所は最大9,999箇所まで登録可能で、直接入力のほかCSVファイルでの一括入力機能も備えています。

対応書式は、プログラムのアップデート時に随時追加・変更を行います。

連動計算で作業の効率アップ

各別表内での集計・自動計算はもとより、各別表は必要最小限の入力で申告書の作成が完了します。法人税計算の要となる「別表四」「別表五(一)」「別表五(二)」はその他の別表からの自動連動を行います。標準の項目を使用するほか、自在に設定が変更でき、まさに手入力のイメージで申告書作成が可能です。
「別表四」「別表五(一)」の別表調整は、独自の仕訳連動方式の採用により簡単に登録ができます。

「納付税額一覧表」で納税額を一元把握

法人税(国税)の計算と同時に法人地方税の計算が行われます。計算された税額は自動的に「納付税額一覧表」に集計され、国税・地方税別での集計はもちろん、地方税の納付先別集計および翌期納付額(予定納税額)も算出・印刷が可能です。

「地方税率マスター」で地方税計算も効率化

プログラム内に都道府県だけでなく全市町村の税率を保持しているので、第六号様式・第二十号様式への税率は、事業所情報などの条件から自動判定が 可能です。計算に利用されている税率などは画面で確認することもできます。

データセンター接続で業務をさらに効率化

「達人Cube」にログインすると、都道府県民税、法人事業税(外形標準課税含む)および市町村民税の税率表が閲覧可能です。常に最新の税率表などを取得できます。

業務エラーチェック機能で検算作業がスムーズに

申告書が完成したら必ず行う検算作業で、漏れ抜けが許されない重要な作業ですが、手間が掛かり本当に面倒です。「法人税の達人」の業務エラー チェック機能は、帳票作成漏れや整合性チェックなど、ソフトウェアで判別可能な項目を、幅広い観点で自動的に一括チェックできます。申告書を作成 したらまずこの機能を実行することでケアレスミスを防止でき、検算作業をスムーズに進めることが可能となります。

資料請求はこちら