公営企業会計システム

クラウド「公営企業会計システム」は予算編成から予算執行、そして適切な決算報告書作成が可能な、公営企業のために開発されたクラウド会計システムです。

予算査定後、必要事項入力のうえ「予算実施計画」など、法令で定められた会計関係書類を作成することができます。

  • 経営管理の諸手法を用い、実績と将来計画をもとに予算内容を決定
  • 予算書・予算実施計画など、法令で定められた会計関係の書類を作成
  • 未経過月の予測を行い、「予定財務諸表」( 前月分) を自動作成

「予算執行計画整理簿」などにより、予算の執行状況を常に把握し、財務書類作成に正しくつなげます。

  • 収入・支出の「予算執行計画整理簿」により、予算の執行状況の確認が可能
  • 企業ごとの出納管理の実質相違に柔軟に対応可能
  • 「 仕訳伝票」にて予算執行を取りまとめ、財務帳票作成へつなぐ

会計データから総勘定元帳を作成し、貸借対照表・損益計算書・余剰金計算書・キャッシュフロー計算書などの法令の決算書類が作成されます。

  • 勘定科目入力だけで、発生主義財務諸表、収支計算書関係資料の作成が可能
  • 剰余金計算書、キャッシュフロー計算書など、マスター設定により自動作成可能
  • 「 地方公営企業執行規則「」地方公営企業の会計規定( 例) について」完全準拠

取得年度、取得価額、耐用年 数を入力することで減価償却額や償却限度額が自動計算され固定資産台帳が作成されます。

  • 営業施設、管理、諸施設に区別
  • 勘定科目体系は各公営企業の設定の勘定科目に準ずる
  • 毎年度末に固定資産一覧として期首残高、当期の変動、期末残高を出力

損益分岐点分析などの企業 会計ノウハウを取り入れた経営管理が可能です。会計データから経営管理資料を自動作成できます。
また、地方債を税制別、借入先別、用途別に分類し、地方債証券ごとに管理します。貯蔵品管理は入庫・出庫記録に基づき、棚卸し年数を適正に行います。

  • 地方債の税制、借入先別、用途別に分類して地方債証券ごとに計上
  • 地方債権一覧表の作成が可能
  • 貯蔵品管理は入庫・出庫・残高を管理する機能

資料請求はこちら